1. 九州ルーテル学院 創立90周年記念事業
  2. 寄付のお願い

寄付のお願い

 学校法人九州ルーテル学院は、2016年10月に創立90周年を迎えます。

 90年前、アメリカのルーテル教会の女性たちが中心になって、「日本にキリスト教の女子学校を」という大きな募金運動を起こし、九州女学院が創立されました。以来、多くの方々の献身により、学院は発展し、熊本におけるミッションスクールとしての存在感を高めてきました。

 女子生徒70人で始まった九州女学院は、今では共学の九州ルーテル学院として、ルーテル学院幼稚園・幼児園、ルーテル学院中学・高等学校、九州ルーテル学院大学・大学院を擁し、総数約2,000人の総合学園となりました。学院を巣立った卒業生は、約25,000人を数えます。
 かたちは変わっても、建学の精神である「感恩奉仕」のもとに「キリスト教の精神に基づく人格教育を行うキリスト教主義学校」としての教育理念は一貫しています。

 今日の学院は、豊かな心と確かな学力の育成に努め、個性を尊重し、勉学・芸術・スポーツでの活躍は皆様に広く知られているところであります。また、グローバル化が進む現代も"英語のルーテル"としての存在価値は大きなものがあります。
 ここに私どもは、創立90周年を大切な節目として記念事業を起こし、教育力をさらに充実させ、それにふさわしい施設を整えたいと存じます。

施設整備事業は、次の3点です。

[バス通り周辺整備]

[中高礼拝パイプオルガンの更新]

[幼稚園の施設整備]

上記3事業のほかに、「創立90周年記念誌」の発行も行います。

 ついては、新たな使命に応えることを願い、皆様に募金へのご協力をお願い申し上げます。

学校法人九州ルーテル学院長 内村 公春

創立90周年記念事業委員会実行委員長 福田 邦子
募金委員長 林田 博文